駐妻Nがドイツの市民学校(VHS)に通うさまを実況中継してみるBlogです。
VHS受講申し込み方法などは、お住まいの自治体に直接お問い合わせください。
また各記事の内容は、移住や留学を希望される方には適さない場合がありますことをご了承ください。


VHS通学記(初日篇 その2)

初日篇の続きです。

 先生が、生徒一人一人に「Herzlich willkommen!」(ようこそ!)と改めてご挨拶してくださり、自己紹介へ。
いろいろ言ってたけど名前しか分からなかった(涙

そして生徒の国籍や母国語をヒアリング。


その中で中国語が「Chinesisch」と書いて「ヒニージッシュ」と読むことを知り、
私も、当の中国人生徒さんもびっくり!
「ch」の発音は奥深い…と思いました。
なお、言語名は未だ発音に苦労します。「Russisch(ロシア語)」とかほんと苦手。

 

授業のペースですが、初日は4時間で「簡単な自己紹介」「アルファベットの発音」をやりました。
先生もかなりゆっくり喋ってくださいますし、自己紹介については
名前、住んでいる場所(ざっくりで大丈夫)、国籍、母国語を言えるようにしておけばバッチリ。
先生が答え方の雛形を板書してくださったので、特に問題なく言えました。

 

 ちなみに初日から発音とアクセントは厳しく直されます。
「r」の発音は大目に見てくれますが(特にアジア系の場合)、その他は結構厳しいです。

心折れそうになるときもありますが、腐らず頑張ろうと思います…。

 

初日についてはこんな感じです。

 

☆授業時間の数え方について☆

VHSでは、45分を1授業時間として扱うそうです。
一日の授業時間が実時間で4時間の場合、15分の休憩を加味して
一日あたり5授業時間 ということになります。

私のクラスは100授業時間なので、20日で終わる計算になります。

先生が「学校+家で、合計1日8時間は勉強しなさい!」とよくおっしゃるのですが、
8授業時間=5授業時間(学校)+3授業時間(家) であることが最近判明しました。
つまり家で2時間15分…

うーん、がんばろ。(←